大きくする 標準 小さくする

春光学園交流 & 日英親善試合2016のお知らせ 

2016/07/27

 ボランティアなどという類のものではない。与える側と与えられる側など存在しない。人間と人間とが真正直な感情で交わり、笑い、愛情が生まれる。そこには打算もなければ、比較もない。目の前の相手をただ笑顔にしたいと思う自分の顔は、鏡で見たことのないような満面の笑みになっている。自分の心の底に実は存分に存在した「優しい気持ち」ってやつが掘り起こされる。
 7月25日、26日、今年も1・2年生全員で2日間の児童養護施設・春光学園との交流を行った。


 様々な事情があって、親と離れて施設で暮らす子供たち。育児放棄や激しい虐待など親の無責任としか言えない事情の子もいれば、我々の知る由のないやむを得ない事情の子もいるのかもしれない。ただ変わらぬ事実は、この子たちが最も親に甘えたい時期に親に甘えることができず、わがままの一つすら親に言うこともできず、心から身を委ねる安心感や守ってもらえる安心感を持つことができないまま毎日を送っているということだ。

 「親に甘えること」その無意識の領域にもたらす心理的教育効果は、児童心理学書籍に人間の成長における重大な要素として解説されている。

 我々がたかだか二日間程度で、親の代わりになる何かを与えてやるなど傲慢な考えはもっていない。だけど、あの子たちがもしかしたらお父さん、お母さんと一緒に経験することだったのかもしれない「甘えきる」「悪戯をする」「だっこや肩車」「1対1で思い切り遊んでもらう」「一緒に大笑いする」などなら、私たちにもできることがあるのかもしれない。

県警オリジナル紙芝居「ラグビーお兄さんとお出かけ!」




 

 全員がこの活動の意味を理解し、2日間全力で心から遊んだ。自分は思っていたよりも優しかったし、楽しかった。

タケル(ラグビーお兄さん役)
紙芝居での役が子供たちの印象に残ったのか、子供たちの方から近づいてくれて、自分達もとても楽しい時間を過ごすことができました。同時に、少し自分の殻を破ることが出来たと思います。子供たちの記憶の片隅にでも自分達のことが残っていれば幸いです。

まゆ
私はあまり小さい子たちと話したり遊んだりすることに自信はありませんでしたが、たくさん声をかけてくれたり遊ぼうと言ってくれた子たちがいたおかげでとても楽しい時間を過ごせたし、より成長できたのではないかと思いました。


日英親善試合2016のお知らせ
 幸運なことに、今年も日英親善試合としてイギリスの学校と対戦できることになりました。
昨年のセントポールズスクールとの試合では、これぞラグビーの魅力という「ゲーム+アフターファンクション」で、ラグビーの真の楽しさを味わうとともに、ラグビー通じて世界と繋がる貴重な経験でした。


昨年のセントポールズ戦

 今年の相手であるマルボロカレッジは、近年ではキャサリン妃やキャメロン首相夫人を輩出するなど、イギリス最高レベルの学力と試算を持たなければ入れないと言われている英国屈指の名門パブリックスクール(私学)です。

ハカ・坂東武者 今年もやります!

 日本ラグビー発祥の地と言われているYC&AC(横浜カントリー&アスレチッククラブ)の前身となるクラブの創立にも多くのOBが関わっており、ラグビーを始めとする様々な近代欧州スポーツが日本に広まることに関して、最も貢献をした学校とも言われています。

 U18チーム、U16チームの合計47人の生徒と7名のスタッフで7月25日に来日し、菅平や京都、広島などで試合と観光を行い、ツアー最終戦として横須賀高校と対戦します。

 

 今年はゲームだけでなく、様々な文化体験やホームステイなど濃密な交流を準備しています。「ラグビー部の交流試合」から始まった計画が、今や弓道部、剣道部、茶道部、書道部、ソフトボール部、ダンス部などを巻き込んだ学校を挙げての国際交流イベントへと発展しました。

 それは、文部科学省が管轄する
SSH(スーパーサイエンスハイスクール、今年から横須賀高校が認定)事業としての本校の取り組みのビッグインパクトともなり、県や教育委員会という行政サイドからもこのイベントに対する大きな支援を得ることが決まりました。

 さらには、横須賀市ラグビースクールや横高ラグビー部OB会の協力を得ることで、横須賀ラグビー協会をはじめとする様々な団体からの支援も受けることも決まりました。


 

超実践英会話レッスンの様子

7月23日、このツアーをアレンジしているマイク・ガルブレイスさんを講師に迎え、文化交流やホームステイに向けて、「ラグビーやホームステイの場で活きる実践英会話」を学びました。

 

~7月25日 マルボロカレッジ来日 菅平、京都などで試合と観光~

8月1日 マルボロカレッジ、横須賀高校来校 文化交流

①ウェルカムレセプション ダンス部によるパフォーマンスでお迎え

②3グループに分かれ、弓道、茶道、書道を経験

③2グループに再編成し、剣道と野球を経験  

②③ともにローテーションで全員全活動を経験

④学食で一緒に昼食。蕎麦と天婦羅

⑤ラグビー部と混ざって数人グループを編成し、鎌倉観光

⑥ホームステイ。ラグビー部(30人)、OB(4名受入)、横須賀ラグビースクール(13人)

⑦翌日、グループで自由に観光した後、早稲田実業まで届け、試合観戦。

 


8月5日 ゲーム 会場:YC&AC(根岸線山手駅徒歩10分)

横高vsマルボロU18 16時キックオフ予定 (今年もハカ坂東武者で!)

横高1年生+横須賀ラグビースクール vsマルボロU16
                17時20分キックオフ予定

 190cmオーバーが多数いるイングランドのチームに対して、横高らしく、勇猛果敢に挑みます。たくさんの応援、どうぞよろしくお願い致します!


 

週間カレンダー

3(月)
4(火)
5(水)
6(木)
7(金)
8(土)
9(日)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: