大きくする 標準 小さくする

山手学院戦 『なぜあと1mが届かなかったのか』 

2016/12/27

 勝利という結果だけが欲しかった。相手より明らかに力がないのに。
 かつてのどの代よりも戦力レベルが低く、入学以来勝った記憶がほとんどない学年の公式戦初戦。「自分たちの現状の力以上の結果は望めない」というシンプルな道理は理解ができる。しかし、私が赴任した7年前から、ノーシード校に負けたのはシードの立場を失った関東学院戦(伊藤組)と法政戦(津田組)のみ。言い換えるなら、3回戦に進めなかったことはかつて一度もなかった。現時点でシード校に挑む力など全く持っていないが、それでも大会戦績ワースト記録は出したくなかった。
201612271952_1.jpg
 12月24日、クリスマスイヴ。新人戦初戦・山手学院戦が行われた。新チームになった直後の11月に練習試合で対戦し、7-34で軽々と粉砕された。それもそのはず、2年前の記憶、宇野組の新しい戦術の試験として組んだ夏の練習試合で、差をつけて勝利するも試合展開にストレスと抵抗は十分に感じていた。相手メンバーの実は大半が1年生だと聞き、2年後に山手史上最強かもしれないチームが育つことは分かっていた。
201612271952_2.jpg
 練習試合の大敗から僅か1ヶ月の期間でつく力などたかが知れている。そんな魔法はない。相手よりも二段は低い地力で勝つために、がっぷり四つの戦いでは勝ち目がないから、小技とゲームメイクを駆使して勝機を手繰り寄せるしかなかった。自主性路線から離れることは承知で、久々に戦術や戦い方にかなり介入した。
 0-19で折り返し、17-19まで詰め寄ったラストワンプレー。ゴール前1mで手渡しパスがスローフォワードの判定。ノーサイド。横高ラグビー部としては過去に記憶がない「年を越せず敗退」となった。
201612271952_3.jpg
 あと1分あれば、あと1m進めば逆転サヨナラ勝利だった。一人ひとりがそれぞれ思い出す「俺のあのワンプレー」だけで勝利することができていたのかもしれない。「あのとき自分がタックルしてれば」「あのとききつくても根性で体を動かしていれば」「あのとき・・・」。
201612271952_4.jpg
 部員思いの優しいマネージャーたちがこっそり準備を進めていた翌日のクリスマスパーティーは中止になった。イヴにも全く心躍らず、何をしていても思い出したくない結果が頭から消えない。これから迎える冬休みの目標も失った。自分というたった一人が、たったワンプレーだけ頑張れていれば、こんなにも長い、こんなにもつまらない思いをチーム全員がしなくて済んだのに。
201612271952_5.jpg 

 塩島組が掲げたテーマ「Independence」を1年間だけのテーマでなく、横高ラグビーの文化に昇華しようと、様々な自主的運営の工夫が凝らされている村上組。システムに乗って生きていれば、ある程度自主的運営の当事者となる。
 しかし最も大切なのは、本当に「自分が」「自分の意志で」何かのアクションを起こしているのかだ。
201612271952_6.jpg
 ラグビーはとことん自分の人間性が現れるスポーツだ。ごまかしが利かない。日常生活から見て見ぬふりをする人間、誰かに見られているときだけ動く人間、誰かがやってくれると思って一人きりでは行動に移せない人間、「考えてみよう」と言われたことしか考えない想像力と当事者意識のない人間、そんな自分がこの「あと1m」の敗戦を導いたのではないか。
 自主性路線が生み出す大きな力は、チームの自主運営システムから生まれるものではない。一人ひとりが、誰も見ていない日常の一つの行動から変えていくことから生まれるものだ。
201612271952_7.jpg201612271952_8.jpg
201612271952_9.jpg
 

以下、冬休み日記
201612281840_1.jpg
山手戦の前日、今年もタグラグビー大会の運営
201612281840_2.jpg201612281840_3.jpg201612281840_4.jpg
赤羽前トレーナーの結婚式 at六本木ヒルズ おめでとう!
201612281840_5.jpg
マネージャーへ、日頃の感謝を込めてお笑いとギフト
201612281840_6.jpg
201612281840_7.jpg
宇野明彦(宇野組主将。早大ラグビー部員として大活躍シーズンでした。)
練習お疲れ様でした。新人戦は負てしまいましたが、切り替えて次の目標に向かって頑張ってください。応援してます。
201612281840_8.jpg
練習納めは、ゲバ(部内マッチ)。その後来てくれたOBたちと実践練習。
201612281840_9.jpg
岩田健太(岩田組主将。立教大ラグビー部の4年間を終え、春から企業就職)
『自分に厳しく、高い目標を持って頑張ってください。』
201612281840_10.jpg
稲垣太一(稲垣組主将。名門クラブ・慶應BYBのキャプテンを終え、春から企業就職)
『今日はありがとうございました。悔しさを忘れずに頑張ってください。』
201612281840_11.jpg
伊藤智将(伊藤組主将。北海道大学ラグビー部所属)
『この冬期間の積み重ねが、春のいい結果につながると思うので頑張ってください。』
201612281840_12.jpg
金本和也(岩田組。明治学院大学ラグビー部の4年間を終え、春から企業就職)
『今の時期が辛いと思うけど、今やっていることが春以降につながると思うので、頑張ってください。』
201612281840_13.jpg
小野達哉(岩田組。上智大学ラグビー部次期キャプテン予想)
『本日はありがとうございました。辛い時期もあると思いますが、秋に向かって突っ走っていってください。』
201612281840_14.jpg
佐藤駿兵(岩田組。成蹊大ボート部所属)
『HPやOB会報で活躍を見ています。頑張ってください。』
201612281840_15.jpg
濱須涼平(左3。岩田組。立教大ラグビー部の4年間を終え、春から小学校教諭)
『今の状況を当たり前だと思わず、楽しく過ごしてください。ありがとうございました。』
蛭田周平(左4。岩田組。多摩美術大、湘南美術学院所属。展覧会開催など活躍中)
『白いご飯いっぱい食べてください』
↑ちなみに蛭田は、高校時代「不器用な自分は身体で勝負するしかない」と決意し、5ヵ月で30キロ増の記録を出しました。作品はこちら↓
http://hiruworking.com/
松村洋空(左2。伊藤組。名古屋大学ラグビー部所属)
『寒い中の練習で大変だと思いますが、関東予選に向けて頑張ってください』

201612281840_16.jpg
ラグビーヶ丘に向かって、この世のあらゆるものに対して礼。
201612281840_17.jpg
練習後は50年以上の歴史を有するラグビーヶ丘整備
201612281840_18.jpg
2016年も温かい応援、本当にありがとうございました。
部員一同この幸せをかみしめ、来年も精進します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

横高ラグビー宣言

ラグビー本来の素晴らしさを大切にし、横須賀高校は以下のことを体現します。

1 たとえルールで禁じられていないことでも、フェアの精神で自らを律してプレーします。 

2 レフリーの存在意義を正しく理解し、心から尊重します。

3 ノーサイドの精神を理解し、心をこめて相手への敬意を示します。

4 ホームでの試合では、必ず簡易式アフターマッチファンクションを行います。

5 生涯、これらの精神を遵守します。

週間カレンダー

16(月)
17(火)
18(水)
19(木)
20(金)
21(土)
22(日) OFF

エンブレム 『坂東武者』

中学生への皆さんへ

 横高ラグビー部は創部60年の歴史を持ち、過去には全国選抜や関東大会に出場している名門チームです。2010年には松山新監督を迎え、2年連続関東大会出場(ブロック優勝)という結果を出しました。公立でも花園を目指せる希少なチームです。
 

横高ラグビー部の特徴

★ 最高レベルのコーチング!

現役トップリーグ選手や早稲田大学のコーチなど、次から次にトップレベルのコーチが来てくれます!

 

★ ラグビー、勉強、楽しい学校生活、三兎を追って三兎を掴みます!

ラグビー部員は勉強も学校行事もきちんとやります!学力向上進学重点校の学生として勉強にも意欲的に取り組み、一人ひとりの希望の進路を実現します。体育祭などの行事では学校の中心的存在として活躍します!高校生らしい「青春」が楽しめます。

 

★ OB会の全力バックアップ!

OBの全力バックアップのもと、私学にまったく引けをとらない恵まれた環境でラグビーに打ち込むことができます。

 

確かに入試のハードルは低くはありません。しかし勉強から逃げずに進路を切り開く習性をつければ、高校を卒業した後も大学や就職先を自由に選べる人生が待っています。

横高に来て、一緒に歴史を創りましょう!!

指導者紹介

 

松山 吾朗

早稲田大学ラグビー部出身

タマリバクラブでクラブ日本一3回

元警視庁警察官

☆ 指導歴
立教大学ラグビー部フルタイムコーチ

早大ラグビー部 分析・戦略コーチ 

柏陽高校監督

U17神奈川県選抜監督 

☆ 資格等

オーストラリアコーチ資格レベル2取得

ニュージーランドコーチングコース修了

☆ 指導理念
・ラグビーの文化・精神を理解し、社会で体現できる選手を育てる。

・勝利を追求する中で、「夢を計画的に実現していく人間力」を育てる。

・感謝・感動・感性を大切にし、謙虚で誠実な人間を育てる。